読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifeisbicycle

TIME乗りのヒルクライマーなつぶやき

北アルプス山麓グランフォンド2016に参加したけど色々大変だった 前日

土曜日、山梨、天気悪い。

日曜日、長野、天気悪い予報。

行こうか悩んだけど宿も取ってるし、とりあえず行くことにした。天気予報のせいか、余裕で寝坊。まずは甲府から輪行で松本を経由して信濃大町まで。電車にも乗り遅れ、普通に電車も遅れ、15時10分くらいに信濃大町駅に着いた。

f:id:papaking_ken:20160904220122j:image 

信濃大町蔵元三社「金蘭黒部」「白馬錦」「北安大國」の飲み比べをやってるらしく、飲み歩きしている人をよく見かけた。

くぅ~飲みてぇ。こっちは18キロ離れた受付会場の鹿島槍スポーツヴィレッジに16時までに行かないといけない。とりあえずロードバイクを組み立てて会場へ。

 

千国街道をひた走る。ずーっと進んだら日本海見れるよ。

うんちくだけど、千国街道は別名「塩の道」っていうらしく、戦国時代に上杉何某が、武田何某に塩を送ったときにこの街道を使ったらしい。敵に塩を送るってやつの語源になってるそうな。けど実際はタダじゃなくて有料で軍資金稼ぎのためだったんだとさ。

授業でそんな話を先生がしてくれたなら、もっと歴史に興味が持てたんだろうなぁ。とか思ったり思わなかったり

 

f:id:papaking_ken:20160904220311j:image

途中木崎湖があった。めっちゃ綺麗。湖畔の奥は北アルプス、手前はたわわな稲穂が靡いている。急いでたから撮れなかったけど

それを横目に見ながらしばらく進むと左手に鹿島槍スポーツヴィレッジの看板が。間に合った!と思ったら、まさかのヒルクライムの始まり。

このヒルクライムがめっちゃめちゃきつかった・・・。

 

距離は3,5km、獲得標高300m、終始勾配が10%余裕で超えてて全然緩くならない。人生には3つの坂があるっていうけど、3つめの1つめだった。

次の日にわかるんだけど、実は木崎湖の西側を走る勾配が緩い別ルートがある。その時は知る由もなかったからまぁしょうがない。

時間がないので頑張って登ってると、関係者らしき人が車から、「待ってるから少しくらい遅れても大丈夫ですよ~」って言ってくれた。けど、待たせるわけにはいけないので頑張る。結局16時を少し回ったところで頂上に到着。息も絶え絶え、脚も思いっきり使って、無事受付できた。

f:id:papaking_ken:20160904220919j:image

草スノボたのしそう

f:id:papaking_ken:20160904220501j:image

サポートカーはmavic!

誰しもが思っているだろうがあえて言おう、ホイールくれ!!

f:id:papaking_ken:20160904220519j:image

 

受付後、来た道を戻り、下り、麓の宿へ。

ってことはだよ、明日早朝からまたこのヒルクライムをやるのか。

 

明日は雨らしいし前途多難な予感しかしないわ、、、いや、ここまできたらもう知らん。やってやんよ!