読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifeisbicycle

TIME乗りのヒルクライマーなつぶやき

1人で追い込む

ローラー練は天候に左右されない。

雨が降っても槍が降ってもいつものように練習出来ます。
 
けれど、飽きる。
景色も変わらないし、風も感じないし、ひたすらサイコンの数値とにらめっこ。
あの手この手で誤魔化しつつ練習して、とりあえずメニューはこなせてるけど、いかんせん質が悪いです。
 
どうしたものかと色々試行錯誤して、やはり、1人で走るから、自走感がないから良くないんだなという事に行き着きます。
 
世の中にはホームトレーナーという、実際に他の人と走っているような映像を表示しながらメニューをこなせるトレーニングツールがあるようです。
 
ひとまず導入してみます。
初めてなので、45分のコースにします。
 
メニューは、
10分 ウォーミングアップ Z3
1分半 Z5 30秒 Z3 × 5
3分 Z3
10 秒 Z6 20秒 Z5 × 3
5分 Z3
1分半 Z5 30秒 Z3 × 5
30秒 Z6
クールダウン
 
レストの時間(Z3)はトレインの後ろで、ローテーションを行い、先頭に来た時にちょうど各メニューの終わりに来るようにメニューと映像が連動しています。
 
真面目にやってみた結果、正直メッチャしんどいです。当たり前ですがw
映像が実写なので、実際に走っているような感覚に陥ります。
 
そして、インターバル後のロングスプリントのあと、ローラー練で初めてリ◯ースしました。
1人で、且つ、ローラー練でリバー◯するまで追い込めたことは今までありませんでした。
少し練習に集中し過ぎたようですw
予想以上に効果があったようで、それはそれで良いのですが。
 
暫くはトレーニングツールを用いて練習してみようと思います。