読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifeisbicycle

TIME乗りのヒルクライマーなつぶやき

Cannondale CAADX インプレッション

Cannondale CAADX で200キロほど走ったので、インプレしたいと思います。

 

f:id:papaking_ken:20160111210821j:image 

 

マシン構成

 

フレーム

 CAADX Cyclocross Disc, Optimized 6061 Alloy, BB30

コンポーネント

 Shimano 105 5800

クランク

 FSA Gossamer Cross, BB30, 46/36 170mm

ブレーキキャリパー

 Shimano BR-CX77

スプロケット
 Shimano 105 12-28T

ホイール:
 純正

タイヤ
 SHUWALBE SAMMY SLICK

 

 

重量

 

10.2kgです。

SKYLONより約4キロほど重いですが、数値ほど重さを感じません。

本当にそんなに重いのか疑問に思うほどです。

7.75kgのTCRの方がよっぽど重い印象ですw

アルミだからかなぁ?

 

下り

 

35Cのタイヤと4barと空気圧が低いせいか、安定感ハンパないです。

グリップめっちゃ効くので、下りが上手くなったような錯覚に陥りますw

下りが苦手な人は、1度は空気圧の低くて太いタイヤで下ってみる事をオススメします。

 

剛性

 

SKYLONに比べると柔らかいです。

CAAD10にも少し乗ったことがあるのですが、それと同じか少し柔らかいかなという印象です。

カーボンバイクにしか乗ったことがないので、これがアルミ特有の柔らかさなのかは正直判断できないですw

 

加速

 

悪くないです。

が、SKYLONやTCRほど爆発力はないです。

SKYLONは踏んだだけドカンと加速します。

CAADXは力のロスはなく、スッっと進む感じです。

ちなみにF8はスーッと進む感じです。

アルミフレームのハイエンドモデルでスプリントをしたらSKYLONより速いのかなぁ。

いや、そんなことはないw TIMEが一番だ!

 

上り

 

遅くはないし重さもあまり感じませんが、そんなに速くもないです。

しかし、ロードバイクより格段に楽に登れます。

アップライトなポジションなので呼吸がすごく楽です。

こんなに違うのかっていうくらい楽です。

登りが苦手な人&練習用にはとてもいいと思います。

登りが苦手な人は面倒臭がらずに、登り用に近くて高いポジションに変えてみましょう!

きっと世界が変わりますよ🌟

 

ブレーキ

 

キャリパーブレーキと比べて、安心感が段違いです。

下りのU字カーブで乱暴にブレーキを掛けてもほぼロックしません。

泥だらけのトレイルを走っても路面が濡れてても木の葉の絨毯の上でも安心してブレーキを掛けることが出来ます。

DISKブレーキは高いしホイールの選択肢も減ってしまいますが、それを上回る安心感が得られます。

 

乗り心地

 

タイヤが太いせいもありますが、すごくいいです!

SKYLONのACTIVフォークも乗り心地はいいですが、バファリンの半分の50%ほどの優しさしか感じられません。

CAADXは100%の優しさを感じます。

比べる対象がそもそも違う話なのかもしれませんが、10cmとか20cmの石がゴロゴロしている沢のようなトレイルを下っても、嫌な衝撃は体には感じられませんでした。

ACTIVフォークとはまた違いますが、フロントフォークでショックを吸収する機構だからってのもあると思います。

 

オンロード

 

すごく楽です。200キロ走っても上半身が全く疲れません。

ただ、転がり抵抗は悪いです。

トレインの後ろでも、脚を止めることはできません。

力はいらないですが、常に回す必要があります。

 

オフロード

 

最高です!オフロードで真価を発揮します。当たり前かw

安定感も抜群で、ロードバイクよりもバイクコントロールが容易です。

10km/h以下での両手放し運転でも安定してバイクを進める事が出来ます。

良い子は真似しないでねw

 

総評

 

・速くはない

・下りの安心感マジパネェ

・DISKブレーキまじパネェ

・上りすごく楽

・オフロードをガシガシ走れる

・もちろんオンロードも楽に走れる

・何より楽しい!

 

初めてロードバイクを買おうと思っている人は、いきなりロードでもいいけど、シクロクロスという選択肢でもいいのではないかなぁと思います。

太いタイヤも細いタイヤも履けるし、オンロードもオフロードも走れます。

1石2鳥です!

 

もし、初めてロードを買う日にタイムスリップできるのであれば、間違いなく自分にシクロクロスを勧めると思います。

 

シクロクロス、始めませんか?