読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifeisbicycle

TIME乗りのヒルクライマーなつぶやき

怪我の功名

チーム練習 チーム トレーニング

朝練。

2時間30分 LSD

漕ぎ出して暫くすると、前回のライドで痛めた右膝がまた痛み出しました。

全然踏んでないのに、痛い。っは・・・し、静まれ・・・俺の脚よ・・・痛みを静めろ!ww

気温の低さなど、痛くなる要因があるようです。

 

痛くないペダリングを探して試行錯誤しながら漕いでいると、全く痛くないペダリングを発見しました。

背筋と腹筋を使って脚を引き上げるペダリングです。

下腹を引っ込める運動で、脚を胸につける腹筋があるのですが、そのイメージで太ももを引き上げます。

170mmクランクの場合、34cmだけ太ももを上下すればいいので、その高さを意識します。

30キロ前後でゆっくり漕いだのですが、腹筋が痛くなりました。

膝を痛めないと、腹筋を使ったペダリングに行き着くことはなかったのでしょうが、

なんだか複雑な気分です。

 

今回の話に限った話ではないですが、ペダリングに使われず、眠っている筋肉がある場合があります。

大腿四頭筋大臀筋、外側広筋、大腿二頭筋、ヒラメ筋、腓腹筋、・・・etc

全ての筋肉を総動員してペダリングが出来ているかと言われると、難しいと思います。

いい機会なので、一つ一つの筋肉を意識してペダリングを見直そうと思います。

サイクリング解剖学 (スポーツ解剖学シリーズ)

サイクリング解剖学 (スポーツ解剖学シリーズ)